マンツーマンVSグループ

少人数グループと1対1だとどちらが英語力アップに効果的?

海外で英語の勉強をしたいけど費用はとにかく抑えたい。

格安留学でインターネット検索をしてみるとフィリピン、マルタが候補として出てくるはずです。

フィリピンでの語学留学はマンツーマン英語レッスンがメインとなっており、平日朝から夕方までのスパルタプログラムが多いです。

グループレッスンだと遠慮しがちな日本人の性格にもマッチしていて人気がありますね。

一方のマルタはヨーロッパ・地中海にあるリゾートで少人数英語グループレッスンがメイン。

この2か国の留学スタイルを比較、フィリピン・マンツーマン英語レッスンとマルタのグループレッスンのどちらが本当にあなたにぴったりの留学なのかを確認してみましょう。

どちらかを選ぶという選択肢もあれば、どちらも選ぶという2か国組み合わせ留学も可能。

このページを最後までお読みいただくことであなたの格安留学費用の答えがきっと見つかります。

マルタ・フィリピン、2か国の違いはマンツーマンとグループレッスン

フィリピンVSマルタ

格安費用で留学できる2つの国、マルタとフィリピンは留学スタイルが基本的に違います。

マルタはいわゆる他の英語圏と同じで英語レッスンスタート前にレベルチェックテストを受けて、参加する留学生に合わせたレベル・クラスでグループ英語レッスンを受けます。

フィリピンへの英語留学はその人気の理由のひとつにもなっているマンツーマン個別英語レッスンが受けられることが最大の特徴。

フィリピン人講師が毎レッスン、あなたの英語力に合わせて読み書き、聞き話すための授業を行ってくれるというもの。

今回はこの2か国の語学留学の違いを比較してみました。

マンツーマンとグループ、英語レッスンを比較してみる

英語レッスンはどう違う?

マンツーマン英語レッスンと少人数でのグループタイプの英語レッスンではどんな違いが出るのか、比較しやすいように書き出してみます。

  1. 英語講師に対する留学生数比率
  2. 英語講師がレッスン中にあなたにかけられる時間
  3. 作ることができる友達の数
  4. レッスン以外の時間で英語を話す時間

もちろんその他にも違いはありますが、マンツーマン英語レッスンの最大のメリットは英語講師に対する留学生の比率、つまり英語講師1人に対して学生1人なのであなたのためだけに英語レッスン時間をフルに使うことができる点です。

少人数グループ英語レッスン、マルタの場合には最大12名前後・平均10名程度なのでその他の英語圏に比べると人数が少なめなのですが、それでもマンツーマン英語レッスンと比較すればやはり英語レッスン中に担任の英語講師があなたに割ける時間(質問をして答えてもらう時間など)は限られてしまいます。

マンツーマン英語レッスンなら分からないと思ったらすぐに質問することができるのも特に日本人留学生にとっては大きなメリット。

マルタ含むいわゆる英語圏でグループレッスンに参加すると日本人は英語レッスン中に質問があっても流れを止めると悪いと感じてしまい質問できないことがありますが、フィリピン・マンツーマン英語レッスンならそれがありません。


もう一点、フィリピンはマルタと同じく滞在方法が基本的に学生寮なのに費用が格安(他の英語圏はホームステイの倍くらい高くなることも)、しかも学内寮なので通学時間ゼロで食事がついていることも留学先として選ばれる大きな理由となっています。

マンツーマン英語レッスンのメリットとデメリット

フィリピンのマンツーマン英語レッスンには多くのメリットがある反面、デメリットもあります。

マンツーマンの英語レッスンであるため、クラスメイトがいません。

コースによってはマンツーマン英語レッスンとグループレッスンの組み合わせもあるのですが、そのグループにいるクラスメイトはほぼ日本人、または韓国人です。

フィリピン留学の大きなデメリットであるこの国籍比率ですが、マルタはヨーロッパからの留学生がメインであり日本人比率は低く10%前後。

一見、効率的に英語を集中的に勉強できるように思えるフィリピン留学ですがマルタ留学と比較すると海外の友達を作りにくいということが分かりますがこれは留学後の語学勉強に対するモチベーションに大きく影響します。

海外留学を終えて帰国した後にもしあなたに英語でコミュニケーションをとる友達が海外にいれば、帰国後もSNSなどでコミュニケーションを取り続けます、もちろん英語で。

語学習得に一番大切なのは継続することであり、勉強と感じないまま海外の友達とコミュニケーションをとるために英語を使い続ける、週末にはちょっと電話などすれば英語を話す機会まで持つことができるのは特にマルタの国籍比率の豊富さによる大きなメリットと言えますね。

その他にも、フィリピンは語学学校の英語レッスンでは英語で話しますが一歩外に踏み出すと本来はタガログ語やその他の言語が母国語である国であるため基本的に英語に強い訛りがあります。

これはフィリピン英語講師にも同じことが言えるため、フィリピン留学で英語力が身についたと思い他の英語圏へ意気揚々と旅行などで訪れていざ英語を使おうとすると相手が話していることがわからない、スピードについていけないということが起こりがちです。

マルタの英語にも訛りはありますが、より英語を話す機会が多い国でありヨーロッパから来ている留学生との英語に慣れていれば近隣の国々へ旅行をしても大きなショックを受けることは少なくなります。

そうそう、フィリピンとマルタを比較してマルタなら週末を利用して格安費用でヨーロッパの国々に遊びに行けるという点も決してお忘れなきよう。

マルタの少人数グループレッスンをフィリピンと比較してわかること

マルタの少人数グループでの英語レッスンに話を戻しましょう。

マンツーマン英語レッスンと比較すると、1人の英語講師が10名前後の留学生を受け持つわけですから英語講師があなたに割ける時間はどうしても短くなります。

ですが、世界中から集まっている同じクラスの友達との一緒に会話を楽しんだり、ディスカッションやプレゼンテーションをすることもあります。

マルタのほとんどの語学学校がインタラクティブホワイトボード(電子黒板)を導入していたり、留学生がより効率よく英語を学べるよう教材を厳選、または研究・開発している学校もあるほど。

英語の教材やメソッド、設備については間違いなくマルタの方が最新のものです。

英語レッスン数はフィリピン留学の方が多く(早朝から夕食前後まで)しっかり勉強できますが、マルタは午前のみまたは午前・午後とも英語レッスンで勉強するときはしっかりと学び、空いた時間はクラスメイトと出かけたりアクティビティに参加することで英語のアウトプットが可能。

海外留学で気になる治安についてもフィリピンは学内であれば安全としている一方、マルタはヨーロッパでも一番治安の良い国であり日本人が安心して留学できる国でもあります。

ぱっと比べると費用が安くてマンツーマン英語レッスンが受けられるフィリピン留学の方がマルタと比較しても良いのでは?と思われがちですが、上記の2か国留学それぞれのメリット・デメリットの見極めは非常に重要です。

格安費用での組み合わせ留学がおすすめです

どちらかではなく組み合わせてみる

フィリピン、マルタの2か国それぞれに良いところはありますが、もし中・長期間の海外語学留学をご検討中ならいっそどちらの国にも行ってみませんか?

英語が本当に苦手で海外旅行も実はちょっと怖い、というあなたにとってフィリピン留学は最初のステップとして非常におすすめ。

英語を話すことに慣れることから始めて、文法や基礎単語を身につけて外国人と話すということに朗らかで優しいフィリピン人講師との英語レッスンで慣れていきましょう。

1ヶ月〜2ヶ月程度のフィリピン留学ののち、いざヨーロッパ・地中海の国、マルタ留学へ。

英語力がどこまで伸びているかにもよりますが、英語力がある程度身についていれば一般英語コースだけでなく海外大学進学に必要なアカデミック英語試験、TOEFLやIETLSなどの対策コースやビジネス英語プログラムなどに参加することも可能。

マルタは地中海にあることから比較的温暖な国なのですが、それでも年中暖かいフィリピンに比べちゃんと冬がある国です。

冬〜春からまずフィリピンへ、その後暖かくなってきたらマルタへ、2か国組み合わせ留学もマルタ留学丸わかり!ではプランニング・提案させていただきます、ぜひ一度ご相談ください。

フィリピンとの2カ国組み合わせに関するお問合せは手続き無料のマルタ留学丸わかり!まで

マンツーマン英語留学主体のフィリピンとグループ英語レッスンメインのマルタ、格安留学で人気の2か国を比較しましたがいかがでしたでしょうか。

それぞれの国についてもっと詳しく聞いてみたい、という場合にはぜひお問い合わせ、またはカウンセリングをご予約ください。

マルタ留学およびフィリピン含む2か国留学に関するお問い合わせやお見積もり、カウンセリングと入学のお手続き、ご渡航後のサポートも無料の留学エージェント、マルタ留学丸わかり!にぜひ一度、お問い合わせくださいませ。

マルタ留学に関するお問い合わせ

関連する記事

  1. イギリス・マルタ組み合わせ留学
  2. 海外大学進学とマルタ留学
  3. ワーホリ前にマルタで英語を学ぶ
  4. アイルランドとマルタの比較
  5. フィリピンとマルタ2ヵ国留学のメリット
PAGE TOP