世界遺産バレッタとはどんなところなのかご紹介します

歴史や文化に触れながら英語を学べるマルタの首都

観光にせよ留学にせよ、マルタに行くなら必ず訪れるべき場所が首都バレッタです。

世界遺産にも選ばれたバレッタには見どころ満載、他の都市と比べても異なる雰囲気を味わえます。

歴史的な建造物が多く、マルタの歴史や文化に触れることができるバレッタは、坂の上からの景色だけでもSNS映え間違いなし、その他にも写真映えするスポット満載。

語学学校は多くありませんが、英語レッスン後にマルタらしさを味わえるバレッタを選んでみませんか。

バレッタにある語学学校を選ぶ理由

世界遺産に選ばれた街で英語を学ぶ

にぎやかなセントジュリアンや、お店の多いスリーマとは雰囲気の違う、マルタの首都バレッタ。

ここにある語学学校を選ぶ理由、おすすめポイントをご紹介します。

語学学校から一歩出れば美しい街並みを楽しめる

マルタ留学前にインターネットで調べていると、色々な画像や動画が出てきます。その中で、城塞や教会、マルタ騎士団に関する多くのものはバレッタで撮影されたものです。

バレッタではなく、他の都市の語学学校を選び、初めて訪れると雰囲気の違いに驚かされる人がほとんど。

ヨーロッパらしい街並み、長く下る坂の先に見える地中海や城壁、伝統的な建物を見ているとあらためてマルタ留学に来ていることを実感できます。

カフェやレストラン、バーも多い

世界中から多くの観光客が訪れるバレッタには、カフェやレストランなども多くあります。

近代的なものからマルタらしい古くて小さなお店まで、好みに合わせたお気に入りのお店がきっと見つかります。

坂道のアップダウンで疲れたら、お気に入りのカフェで一休みしましょう。

マルタでの留学生活に欠かせないスーパーもあるので安心

観光役向けの飲食店やお土産屋さんばかりでなく、留学生活に必要なものを買いそろえられるスーパーもバレッタにはあります。

語学学校での英語レッスン前、またはその後に飲み物やおやつを買いに行くのにも便利です。

滞在方法に学生寮を選ぶ場合は、スーパーでパンやハム、チーズを買って帰って料理をすると外食よりもぐっと費用を抑えられますよ。

マルタの中でも不便のない都市であり、世界遺産に選ばれるほど綺麗な場所でもあるバレッタは、留学先としてもおすすめです。

続いては、マルタの観光スポットが集中しているバレッタの見どころをご紹介します。

バレッタの見どころ

とにかく見どころが多いバレッタの観光スポットの一部をご紹介

マルタの首都バレッタの見どころ、おすすめスポットをご紹介します。

街そのものが世界遺産!観光スポット盛り沢山です

バレッタそのものが世界遺産なのですが、その中でも絶対訪れておくべきおすすめスポットをご紹介します。

聖ヨハネ大聖堂

バレッタの中央部にある大聖堂

バレッタの中心部にある聖ヨハネ大聖堂は、1578年、ジェローラモ・カッサールが設計し、建設された聖ヨハネ騎士団の守護聖人、聖ヨハネのために作られました。

外観に派手さはないものの、一歩中に入ると天井や壁に豪華な壁画が描かれています。地下には、騎士団長の棺が置かれ、都市の名前の由来となったジャン・パリソ・ド・ヴァレット初代騎士団総長もここに眠っています。

バロック絵画の創始者であるカラヴァッジョの絵画を見られる美術館も併設されているので、芸術に興味がある人にはたまらない場所となっています。

騎士団長の宮殿

ヨハネ聖騎士団の団長が代々暮らしてきた場所

文字通り、聖ヨハネ騎士団の団長が暮らしていた宮殿ですが、現在はマルタ大統領邸や政府機関として使われています。

こちらも聖ヨハネ大聖堂と同じくジェローラモ・カッサールによる設計によるもので、見学できる場所には美術品や当時使われていた甲冑などが飾られています。

聖エルモ砦

長い坂を下った先にある砦

バレッタの東端にある星型要塞で、かつて外部からの侵入者を監視していた場所です。

現在ではインガーディア(聖ヨハネ騎士団のデモンストレーション)を見ることのできる場所として知られており、インターネットで検索して出てくるマルタの聖ヨハネ騎士団の画像はほとんどがこのインガーディアを撮影したもの。

現在、その一部は国立戦争博物館になっています。

アッパーバラッカガーデンズ

正午と午後4時に空砲が発射されます

マルタでも特に景色が綺麗なことで知られているのがこのアッパーバラッカガーデンズです。

多くの人が集まっていますが、その中には観光客だけでなく地元の人も含まれており、展望台からの眺めがいかに美しいかを物語っています。

正午と午後4時には大砲の発射(もちろん空砲です)が見られるので時間を合わせて行ってみましょう。

マノエル劇場

18世紀、ポルトガル人貴族アントニオ・マノエルが私費で建設した劇場です。

第二次世界大戦中、イタリアからの爆撃があった際は、避難した人たちのシェルターとしても活躍。その後、マルタ政府が購入して国立劇場となります。

現在でもコンサートなどのイベントが行われています。

勝利の聖母教会

ジェローラモ・カッサール、フランチェスコ・ラパレッリ・ディ・コルトーナの2人によって設計された勝利の聖母教会は、バレッタ最古の建物として知られています。

完成時には、ジャン・パリソ・ド・ヴァレットの棺はここに安置されていましたが、聖ヨハネ大聖堂完成後に移されました。

バスセンターからバレッタに入ってすぐの場所にあるので、ここから観光を始めると良いですね。

サン・ポール臨時主教座聖堂

大きな鐘楼がバレッタのシンボルマークになっているサン・ポール臨時主教座聖堂は、1844年に作られました。

中に入るととても静かで、美しい彫刻を見ることができます。くれぐれも騒いだりしないよう注意しましょう。

マルタ国立図書館

こちらは観光スポット、というよりも留学中に訪れてみると良い場所、としておすすめします。

騎士団長の宮殿前にあり、入館の際にはIDを求められるのでパスポートを持っていきましょう。

海外の図書館がどのような雰囲気か、味わうことができます。

上記の他にも、MUZA(マルタ国立美術館)やカーサ・ロッカ・ピッコロ、国立考古学博物館などもあります。バレッタを留学先に選ばない場合でも、必ず観光で訪れることになると思うので、あらかじめ下調べしておくと良いです。

バスターミナルがあるのでマルタのどこにでも行ける

バレッタには、マルタの色々な場所にアクセスできるバスターミナルがあります。

語学学校で出来た友達とスリーマへショッピングに出かける、夕方から夜にかけてディナーを楽しむためにセントジュリアンに行く場合も、このバスターミナルには目的地別に乗り場が明記されているので、分かりやすくて便利です。

マルタの歴史や文化に触れられる

先にご紹介した世界遺産、バレッタにはマルタの歴史が分かる建造物や文化を知ることのできる博物館が多くあります。

綺麗な景色ももちろんですが、マルタ留学中に美術館や博物館を訪れ、英語の説明文を読むと語学力の向上にもなるのでおすすめです。

他の都市では味わえない、バレッタならではのメリットなのでぜひ、楽しんでくださいね。

バレッタ散策中に注意すべきこととは?

人が多いので貴重品は肌身離さないようにしましょう

とにかく観光スポットの多いバレッタには、観光客や留学生で溢れています。そんなバレッタを散策する際に注意したいポイントを以下、ご紹介します。

観光地なので置き引きやスリに警戒しましょう

マルタは治安が良く、安全だからと留学先に選ばれる方が多い国ですが、バレッタのように人が溢れる場所ではどうしても置き引きやスリといった犯罪の被害に遭う方が出てきます。

マルタ到着後、数日は海外に来たという実感があるため、警戒している人も多いのですが、1週間から2週間も経過するとマルタの治安が良すぎてついつい気が抜けてしまいがち。

カフェやレストランでスマホや荷物を、席確保がてら置きっぱなしにしてしまうと盗まれてしまうので、くれぐれも自分が海外で生活していることを忘れず、気を抜かないようにしてくださいね。

全てがインスタ映えするバレッタはマルタ留学でおすすめの都市

マルタの首都バレッタについて解説しました。

バレッタにある語学学校は以下となります。

英語レッスン後はバレッタ散策だけでなく、その他の都市へバスターミナルから気軽に遊びに行けるのが嬉しいですね。

バレッタにも興味があるものの、その他の都市と比べて自分がどちらに向いているか、お悩みならぜひマルタ留学丸わかり!にお問合せください。

英語力やご予算、留学期間に合わせて最適な学校とコース、滞在方法をお見積りと一緒にご紹介します。

マルタ留学に関するご相談はこちらをクリック

この記事を書いた人

マルタ留学丸わかり!編集部
ヨーロッパ・地中海に浮かぶマルタ共和国の素晴らしさを紹介し、1人でも多くの日本人留学生をご案内したいマルタ留学丸わかり!は、業界最安値を保証します。留学業界10年以上のプロフェッショナルが、語学留学はもちろん、高校生や大学生の海外進学のご相談も承ります!

関連する記事

  1. 語学学校ランキングの嘘
  2. マルタは日本人の留学におすすめ?
  3. マルタは留学中にアルバイトできる?
  4. ECマルタ校はここが違う!
  5. マルタ留学中に旅行を楽しもう
  6. マルタ中・長期留学ならESE
PAGE TOP