フィリピンとマルタ2ヵ国留学のメリット

2か国を組み合わせることでグループレッスンもより効果的になります

日本から海外へ英語留学をできるだけ格安費用でしたい、とインターネット検索をするとフィリピン・セブ島が出てきます。

同じく費用が安いマルタも格安海外留学の候補として挙がるのですが、この2か国の違いとは何なのでしょうか?

ヨーロッパと東南アジアという地理的な違いだけでなく、フィリピン・セブ島とマルタへの留学は内容にも大きな違いがあります。

このページでは同じ安い費用で海外留学ができるフィリピン・セブ島とマルタそれぞれの特徴を紹介しつつ、この2か国へ続けて留学する場合のメリットを紹介しています。

どちらもリゾート地であり、気候に恵まれていますが英語レッスン、滞在方法それぞれに違いがあります。

あなたの英語力によってフィリピン・セブ島、マルタのどちらを選ぶべきか、このページを読み終わるとお分かりいただけます。

フィリピンとマルタ、2か国それぞれの留学の特徴を知る

地理ではなく英語レッスンの違い

格安留学の代名詞になりつつあるフィリピン・セブ島は、日本から直行便なら約5時間程度で到着できるリゾート地。

1年を通じて温暖でマクタン島の美しい海や、セブシティにいくつもある大きなショッピングモール、優しく朗らかなフィリピン人との交流など魅力に溢れています。

ヨーロッパ・地中海にあるマルタ共和国での留学は歴史的な遺跡、世界遺産に認定された首都バレッタ散策やゴゾ島・コミノ島などへの小旅行も大人気。

全く異なる環境にあるこの2か国への英語留学の違い、それぞれのメリット・デメリットを知った上で2か国組み合わせ留学がいかにおすすめなのかを紹介させてください。

2か国留学が基本?フィリピン・セブ島のおすすめポイントとは

フィリピン・セブ島留学が日本で人気が高い最も大きな理由は安い費用。

最短1週間から参加することができ、格安留学が可能なことから高校生や大学生だけでなく、社会人にも人気があり、さらには企業の英語研修の場としてもフィリピン・セブ島の語学学校は選ばれています。

フィリピン・セブ島の語学学校で提供される英語レッスンは基本、フィリピン人英語講師と学生の1対1、マンツーマンレッスンであることもフィリピン・セブ島留学がおすすめである理由のひとつ。

日本人はその性格から、グループ英語レッスンに参加した場合どうしても遠慮をしてしまいレッスン中に話せない、または話さないことが少なくありません。

1対1、マンツーマン英語レッスンになれば英語を話さざるを得ない状況になるということから日本人にフィリピン・セブ島のマンツーマンレッスンは効果的であると言えます。

フィリピン・セブ島の語学学校の多くは学校内に学生寮を用意しており、食事も3食ついている(またはオプションでつけられる)ところがほとんど、平日の朝から夜まで英語レッスン漬けで食事も語学学校内で済ませることができることから、語学習得に集中することができます。

週末にはフィリピン・セブ島に複数存在する世界規模でも巨大なショッピングモールでのお買い物や格安マッサージ、アクティビティとしてマクタン島へ遊びに出かけたり、格安費用でジンベエザメとのダイビングも楽しめます。

おすすめポイントを並べると、フィリピン・セブ島留学にデメリットはないように思えますが、マルタ留学と比べてみるとどのような違いがあるのでしょうか。

マルタ留学と比較した場合のメリット・デメリットについて

マルタ留学の場合には英語レッスンは基本、グループレッスンです。

それでもその他の英語圏、アメリカやカナダ、イギリス、オセアニア(オーストラリア・ニュージーランド)の語学学校では最大15名前後のグループレッスンが基本であるのに対し、マルタは最大でも10名前後のグループレッスンとなっています。

フィリピン・セブ島と同じくマルタ留学は学生寮・レジデンス滞在でも費用が安いので人気がありますが、基本的に食事は自炊となっています。

英語レッスン数もフィリピン・セブ島留学に比べ、マルタ留学の場合は長くても午後、夕方までです。

ここまでの比較だとフィリピン留学の方が良いじゃん!という発想になりそうですが、マルタ留学にはフィリピン・セブ島留学に負けないメリットがあります。

マルタ留学を選んだ場合、語学学校に参加している留学生は主にヨーロッパから来ています。

彼らの母国語はアルファベットを用いていることが多く、英語が得意、同じクラスメイトとしてより高いレベルの英語を勉強することができます。

日本人の場合は会話力が低いことから、初級者レベルだとクラスメイトに日本人が多いことも少なくありませんが、それでもフィリピン・セブ島のように語学学校に来ている8割~9割が日本や韓国からの留学生だけということはありません。

語学学校のレッスンだけでなく、滞在先となる学生寮やレジデンスもこうしたヨーロッパその他の国からの留学生が多いマルタなら、いろんな国に友達を作ることができます。

週末のアクティビティについては、マルタにあるゴゾ島、コミノ島などへの小旅行だけでなく、格安費用でヨーロッパ各国、フランス・パリやスペイン・マドリード、イタリア・ローマなどへ旅行することも可能。

フィリピン・セブ島との最大の違いは、語学学校の外に出ても英語が話されている場所であるということ。

フィリピン・セブ島では語学学校から一歩外に出ると基本的にタガログ語をはじめとする現地言語が使われています。

マルタにも英語のほかにマルタ語はあるのですが、街中のカフェやレストラン、その他のお店で話されているのは英語です。

マルタ留学中の生活では語学学校だけでなく、日常生活もすべて英語漬けになれるというのは大きなメリットです。

英語初級者のあなたへ、組み合わせるとより効果的です

組み合わせてより効率よく学ぶ

フィリピン・セブ島、マルタ共和国の2か国それぞれにメリット・デメリットがあるのは当然のことです。

2か国それぞれの特徴を理解した上で、この2か国の組み合わせ留学をおすすめしたいと思います。

フィリピン・マルタ2か国留学は特に英語が苦手、または初心者レベルであるあなたへおすすめなんです。

基本的な語学力をフィリピン、目的別コースはマルタで参加

まず、フィリピン・セブ島へ3か月の基礎力アップ英語留学に出発しましょう。

初心者レベルであっても、親切なフィリピン人講師があなたの語学力に合わせ徹底的に英語レッスンを提供してくれます。

日本人で語学習得が苦手な人、初心者レベルの人に多いのが「話すことが恥ずかしい」と感じていることです。

フィリピン・セブ島のマンツーマン英語レッスンでまず、語学を話すことに恥ずかしいなんてことはない、伝えることこそが大事で最初は単語の羅列でも全然OK!ということを知り、その上で語彙や文法を少しずつ身に着けて英語レベルの底上げをします。

3か月間、平日朝から夜までびっしりの英語勉強はあなたに中級~の英語力をもたらしてくれます。

その上で2か国目、マルタに留学します。

このとき大切なのが語学学校・コース選び。

あなたの英語習得の目的が英会話であれば、比較的規模の大きな語学学校を選びましょう。

中級以上の語学力があれば、世界各国から集まる留学生と英語で交流することそのものが語学力アップにつながり、また上級クラスも複数あるので最もレベルにあった英語レッスンを受けることができます。

もし海外進学も視野に入れているなら、TOEFLやIELTSといったアカデミック英語コースが充実した語学学校を選ぶこと。

中級以上ならこうしたアカデミック英語コースに参加することができ、より効率的にスコアアップを狙うことができますよ。

社会人のあなたがキャリアアップのためのフィリピン・セブ島とマルタとの2か国留学を選んだ場合には質の高いビジネス英語コースを提供している語学学校を選びましょう。

日本に帰国した後、ただ英語が話せるだけでなくビジネス英語が使えれば海外からの電話応対やメール対応、ディスカッションやディベートで実力を発揮できるようになります。

そしてもうひとつ、中級以上の英語力が身についていればマルタ近隣のヨーロッパの国々への旅行も楽しく過ごすことができるのもこのフィリピン・セブ島、マルタ2か国留学のメリット。

マルタの語学学校で出会った留学生宅にお邪魔する、などの楽しみもありますよ。

フィリピン・セブ島とマルタでの2か国留学まとめ

フィリピン・セブ島とマルタ共和国との2か国留学についてそれぞれの特徴と組み合わせることで生まれるメリットを紹介させていただきました。

各国の良いところを活かして2か国留学にすることでより効率的に、より楽しい海外留学にすることができます。

マルタ留学丸わかり!では、フィリピン・セブ島の語学学校の紹介やお見積り、2か国組み合わせ留学についてのアドバイスをさせていただいております。

是非一度、お問合せください、あなたの海外留学をより充実したものにできるようお手伝いをさせていただければ幸いです。

2か国留学のご相談

関連する記事

  1. ワーホリ前にマルタで英語を学ぶ
  2. マンツーマンVSグループ
  3. 海外大学進学とマルタ留学
  4. アイルランドとマルタの比較
  5. イギリス・マルタ組み合わせ留学
PAGE TOP