格安と言われるマルタ、フィリピン、アイルランドを比べてみた

安い費用で留学するには

国際化の進む今、日本でも英語は必須のスキルの1つ。海外留学が必要だと思いつつ、決して安いとは言えない費用にお悩みのあなたへ。

留学費用が安いフィリピン留学やアイルランド留学、そしてマルタ留学を比較・検討してみませんか?

このページでは、安い費用で留学できるフィリピンとアイルランド、そしてマルタ留学の特徴と、具体的な費用を短期・長期それぞれにご紹介しています。

格安留学の代名詞となったフィリピン・セブ島、費用が安いだけでなく働くチャンスもあるアイルランド、そしてヨーロッパのリゾートであるマルタ留学。どの国を選んでも安いから質が悪いなんてことはありません。

マルタ留学丸わかり!では、マルタのご紹介がメインですが、客観的にそれぞれの国のメリットをご案内します。

現地で出来ることや語学力に合わせ、安い費用で行けるおすすめの留学先選びのお役に立てば幸いです。

費用が安いことで知られる国とマルタ留学を比べてみた

海外に英語留学をするのに安い国の代表、フィリピン、アイルランドとマルタ。

安いだけでなく、他の英語圏に比べておすすめとなるメリットもそれぞれ持っています。

あなたにとってどの国が格安費用で楽しく充実した留学に向いているのか比較・チェックをしてみましょう。

マルタ留学丸わかり!はマルタを紹介するページですが、フィリピン、アイルランドの語学学校のご案内も可能です。

それぞれ偏りなくおすすめなポイントを紹介していくのでご安心ください。

格安で知られるフィリピン・セブ島で英語を勉強するメリット

フィリピン留学の特徴

日本で格安、安い費用での留学といえばフィリピン、と言えるほどすっかり格安英語留学の代名詞になりました。

南の島でのリゾート、というイメージがぴったりのフィリピン・セブ島留学のメリットには以下が挙げられます。

格安フィリピン留学のメリット
  • マンツーマン英語レッスン:読み書きは得意、でも話すことが苦手な日本人にぴったり
  • 滞在方法が基本、学内寮:ホームステイではなく寮滞在ができるのも人気の理由のひとつ
  • 授業時間が長い:平日の朝から夜までびっしり英語レッスン

フィリピン留学は費用が本当に安いのですが、それに加えてマンツーマンの英語レッスンを受講できるメリットがあります。

受験英語や英検、TOEICで読み書きの力は身についているものの会話力がどうしても弱い日本人、恥の文化があることから英語を人前で話すことにも抵抗があることを考えるとフィリピンでのマンツーマン英語レッスンは本当におすすめ。

滞在方法も基本的に学校敷地内にある学内寮滞在となっており、1日3食(学校によっては2食または食事がオプションのところも)ついているので留学生活で困ることがありません。

英語レッスンもマルタ留学やアイルランド留学の場合、長くても午前から午後、夕方前までなのに対し、フィリピン・セブ島の語学学校の場合、朝起きてから夜寝る前まで自習含め、ひたすら英語漬けの日々。

フィリピン・セブ島留学は費用が安いだけではなく日本人の性格にぴったりマッチしていることから人気があります。

フィリピン留学とマルタ留学の違いとは?

マルタ留学と比べると、「平日の朝から晩まで英語漬けになれること」、「マンツーマン英語レッスンを受けられること」がメリットになりますね。

フィリピン留学の強みであるマンツーマン英語レッスンならあなたの英語力に合わせ、1対1で英語を聞く力、話す力を伸ばすことができますが、マルタ留学やアイルランド留学の場合、英語レッスンは基本的に少人数のグループで行われます。

世界各国から集まる留学生と一緒に授業を受ける場合、人前で不完全な英語を話すことをためらってしまう日本人はせっかく海外留学をしているのに英語を話す機会があまり持てないことも。

フィリピンのマンツーマン英語レッスンなら、1対1なので逆に英語を話すしかないという環境を作り出すことが可能。

英語が本当に苦手な初心者の方には、フィリピン留学が本当におすすめです。

ただ、英語をある程度勉強している方には、マンツーマン英語レッスンの講師がフィリピン人であることが気になるところではないでしょうか。

語学学校で働くフィリピン人講師は厳しい審査を合格し、トレーニングを受けてはいるものの、いわゆるネイティブ英語を話せる方は多くありません。

フィリピンでのマンツーマンレッスンで英語が話せるようになったと思い、その他の英語圏に旅行をしてみると英語が聞けない、通じないこともしばしば。

また、その他のマルタ留学のメリットになるのが、留学生の国籍比率。

フィリピン・セブ島留学は圧倒的に日本人または韓国人が多く、ヨーロッパからの留学生はロシア人がほんの少数いる程度。

マルタ留学の場合、どちらかと言えばご近所であるヨーロッパからの留学生が多く、街中でも基本は英語での会話です。

街中という点で言えば、マルタ留学が選ばれる理由の1つに治安の良さがあります。フィリピン留学の場合、平日は語学学校の敷地内から出ることがないため、治安面は安心できるのですが、週末、街中に出かけるとスリや盗難の被害に遭うこともあるので注意が必要です。

フィリピン・セブ島留学で英語の基礎を身に着けながら、英会話にためらわない度胸を身に着け、その後、同じく費用が安いマルタ留学で英語ネイティブによるグループレッスンに参加する、2ヵ国留学を強くおすすめします

同じヨーロッパのアイルランドの特徴とおすすめポイント

アイルランドなら働けます

イギリスの西にあるアイルランドもマルタやフィリピン同様、格安費用で英語留学ができる国です。

アイルランド留学で人気なのは首都ダブリン、コンパクトで暮らしやすく見どころも満載。

アイルランドの首都、ダブリン留学の特徴やメリットには以下が挙げられます。

費用が安いアイルランド留学のおすすめ3つ
  • 日本人比率が低い:知らない間に日本語ばかりの留学になることがない
  • ヨーロッパ各国への小旅行:格安航空券を利用して色んな国を見て回ることができる
  • 留学中にアルバイトできる:学生ビザでもアルバイトが可能、留学費用を現地で稼げる

費用が安いだけでなく長期留学なら働けるアイルランド

アイルランドでの英語留学のメリットには同じヨーロッパにあるマルタ同様、日本人比率が低く、語学学校のクラスメイトもヨーロッパ系の留学生が多いことが挙げられます。

マルタと同じくヨーロッパにある国なので、格安航空券を上手に購入して週末に近隣諸国、イギリスやフランスなどに遊びに行けるのもおすすめポイントのひとつと言えます。

英語が公用語の国なので語学学校の英語レッスンが終わって放課後にカフェやレストランに入ってもひたすら英語オンリーなので、活きた英語を普段の留学生活の中でも身に着けることが可能。

アイルランドには、ワーキングホリデー制度もあるので働きながら語学や文化を学ぶこともできるのですが、学生ビザでもアルバイトが認められている国でもあります。

長期海外留学で費用を抑えたいあなたにはアルバイトで生活費を稼げるアイルランドがおすすめです。

ただし、アイルランドの学生ビザでアルバイトをするには条件があります。

アイルランド政府公認の語学学校に25週間以上、フルタイムの英語コースに参加することがその条件となっているため、短期~中期のアイルランド留学の場合にはアルバイトができません。

語学学校のコース参加中は週20時間、休暇期間となるホリデー中(8週間)は週40時間の就労が認められています。

同じヨーロッパにあるマルタ留学との違いとは?

マルタ留学とアイルランド留学を比較したときの違いとは何か、挙げてみます。

日本人比率やヨーロッパへの小旅行ができること、さらに3か月以上の留学の場合でも学生ビザを現地渡航後に申請すれば良いという共通のメリットがありますが、アイルランド留学の場合、気候に注意が必要です。

夏のアイルランドは、日本よりも涼しく過ごしやすい反面、冬の寒さは厳しいです。

緯度が高い割には日本の冬と比べると少し寒いくらいの気温ではあるものの、寒さが苦手なら冬を挟むアイルランド留学は避けた方が良いですね。

また、物価が日本やマルタに比べるとやや割高であることも踏まえ、海外長期留学で費用を抑えたいとお考えの場合、比較検討が重要です。

留学費用が安い国、フィリピンとアイルランドとマルタ留学を比較してきました。続いて、実際にどのくらい費用が安いのか、学校費用の比較をしてみます。

どのくらいかかる?語学学校費用を期間別に計算して一覧表にしてみた

実際の留学費用を比べてみた

マルタとフィリピン、アイルランドの留学費用が安い国を比較してきましたが、実際にどのくらい安いのか、各国へ留学する場合の学校費用を比較してみます。

条件として授業はフルタイム(午前・午後とも英語レッスン)、滞在方法は学生寮利用(個室、食事なし、ただしフィリピンは含まれる)とします。

期間は短期2週間および4週間、長期は24週間の学校費用比較表を作成しています。

語学学校はフィリピン・セブ島はCPILS、今の日本でのフィリピン格安留学ブームの火付け役となった語学学校であり元ホテル・銀行をリノベーションし、セブ島最大規模のスポーツジムと学内プールがある人気校の費用を採用しています。

マルタ、アイルランド(ダブリン)は両方に校舎を持ち、世界展開をしている語学学校EC各校舎の費用にて算出しています。

短期留学で学校費用が安いのはどこなのか見比べてみる

まずは2週間、または4週間、マルタとフィリピン、アイルランドそれぞれに留学する場合の学校費用を比較してみます。

2週間 4週間
マルタ €1,353 €2,627
日本円 ¥224,000 ¥435,000
フィリピン US$1,566 US$2,387
現地費用 PP8,400 PP8,400
日本円 ¥257,000 ¥379,000
アイルランド €1,534 €2,828
日本円 ¥254,000 ¥468,000

※上記、および後述する24週間の各国留学費用は2023年11月時点の最新学校費用・海外送金レート(T.T.S)にて算出し、百の位を四捨五入しています。

フィリピン留学をする場合には事前に申込金と英語レッスン+滞在費を支払い、現地で別途、以下の費用を支払う必要があります。

  • ビザ費用:期間により異なります
  • 就学許可書申請費用(SSP)
  • 往路空港出迎費
  • 教材費
  • 学生寮デポジット(保証金)
  • IDカード発行費用
  • 外国人登録費用:8週間以上の場合

比較してみると確かにフィリピン・セブ島留学が少し安いですね。

その他の要素となる航空券代も関わってきますが、時期を選べばフィリピンに負けない安い金額でマルタ、アイルランド留学も選べることがお分かりいただけたかと思います。

長期だと違いが出る?24週間以上の留学費用比較

夏休みや春休みを利用した短期の留学ではなく、長期留学をご検討中の場合はどのくらいの費用になるのか、比較してみましょう。

24週間
マルタ €15,006
日本円 ¥2,486,000
フィリピン US$13,697
現地費用 PP31,550
日本円 ¥2,132,000
アイルランド €14,336
日本円 ¥2,375,000

フィリピン・セブ島が安いことに変わりはありませんが、ヨーロッパのマルタ、アイルランドでも格安費用で留学することが出来ます。

格安費用で留学できる国以外、アメリカやカナダ、イギリス、オーストラリアとニュージーランドの留学費用と比べてどのくらい違いがあるのか、比較してみたいならマルタ留学がなぜおすすめなのかを紹介しているページをご覧ください。

24週間以上の長期留学をそれぞれでご希望される場合にはマルタ留学丸わかり!までお見積りをご依頼ください、各国留学費用の比較表を作成して別途ご案内いたします。

留学費用が安いマルタ留学とその他の国の比較まとめ

費用が安いマルタ留学とフィリピン留学、アイルランド留学との比較、いかがでしたでしょうか?

それぞれの国の留学の特徴と、ご予算やご希望に沿っているか、確認してみてくださいね。

この記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます。

格安留学できる国を比較してみたものの、やっぱりまだ迷いがあるという場合には是非、マルタ留学丸わかり!にご相談ください。

マルタ留学だけでなく、フィリピン・セブ留学やアイルランド留学に関するご相談やお見積り、各語学学校へのお手続き費用を無料にてご案内いたします。

格安留学に関するご相談

この記事を書いた人

マルタ留学丸わかり!編集部
ヨーロッパ・地中海に浮かぶマルタ共和国の素晴らしさを紹介し、1人でも多くの日本人留学生をご案内したいマルタ留学丸わかり!は、業界最安値を保証します。留学業界10年以上のプロフェッショナルが、語学留学はもちろん、高校生や大学生の海外進学のご相談も承ります!
PAGE TOP