マルタは日本人の留学におすすめ?

ワーホリのない国なので仕事はできない?そんなことはありません

あなたが海外へできる限り安く留学するために調べていると、マルタ、フィリピン、アイルランドの3つの国に絞れるはずです。

それぞれメリット、デメリットがあり、いずれもリーズナブルな費用で留学できるのは間違いありませんが、日本人にとってもっともおすすめな国はどこなのかこのページで紹介します。

海外で英語を学んだ先に仕事・アルバイトをしてみたい場合にはワーキングホリデー(ワーホリ)のある国、たとえばオーストラリアやカナダ、イギリスなどに行くと良いのですが、英語力がなければ仕事は見つかりません。

費用の安くて治安も良い、さらに地中海の穏やかな気候の中で美しい海に囲まれたマルタで、ワーホリのための準備留学をしてみませんか。

日本人比率の低いマルタの語学学校で基礎英語力が身に着いた後にワーホリに行くいわゆる2か国留学で、よりあなたの希望に近い海外生活体験を送りましょう。

マルタ留学は日本人におすすめ?格安費用で行ける国との比較

海外留学にできるだけ安く費用を抑えて行きたい、これは誰しも思うこと。

日本から英語を学ぶための留学先として特に費用が安い国として知られているのがフィリピン、アイルランドそれからマルタです。

それぞれの国に一長一短がありますが、その中でもマルタが特に日本人の英語留学先としておすすめである理由をこのページで紹介していきます。

フィリピン、アイルランド、マルタ、どの国に留学するか迷っているあなたへ、どこに行くべきなのか最後までお読みいただくと答えが見つかるはずです。

格安費用で留学できる国の中でマルタが日本人にぴったりな理由

フィリピン、アイルランドとマルタ、この3か国の共通するメリットは留学費用の安さ、ですがその他のポイントについても考えてみます。

フィリピン留学には安さのほかにマンツーマン英語レッスンが主体であることが特徴となっています。

他の英語圏では基本的にグループレッスンなのに対し、ひとりひとりマンツーマンで英語を常に話せる環境で勉強できるのはフィリピンならではの特典と言えますね。

アイルランド留学は長期半年間以上の留学になると語学学校への留学でもアルバイトができるのが特徴として挙げられます。

費用が安いだけでなく、アルバイト・仕事をしながら生活費用が稼げるのは嬉しいメリットと言えますね。

フィリピン・アイルランドそれぞれにメリットもありますが、良いことがあれば悪いこともあるもの、デメリットもあります。

マンツーマン英語レッスン主体で学生寮滞在・食事付きのフィリピン留学は留学生のほとんどが日本人または韓国人ばかり、他の国からの留学生(主にアジア圏)も増えていますが日本人が多いため英語レッスン以外のアクティビティなどは日本語だらけになってしまいます。

アイルランドはアルバイト、仕事もできて安いというメリットがある代わりに冬は日本よりも寒くなります。

マルタ留学は基本的にマンツーマン英語レッスンではないものの少人数制のグループレッスンであり、アルバイトも長期滞在ビザ申請後、手続きを踏めば不可能ではありません。

何より地中海の温暖な気候で冬も冷えはするものの雪が降ることは稀、過ごしやすい環境下で英語を学ぶことができます。

それからもう一つ、他の英語圏に比べて日本人比率が低いこともマルタ留学のおすすめポイント。

英語が本当に苦手、外国人と話すことが怖いという場合にはフィリピン、英語が中級以上話せて海外での就労経験を積んでみたいならアイルランドもおすすめですが、英語力に自信がなく語学力をしっかり伸ばしたいと考える日本人のあなたにはヨーロッパでトップレベルの治安を誇り、ヨーロッパからの留学生が多いマルタ留学がおすすめですよ。

海外で仕事ができるワーホリ制度はありませんが準備はできます

ワーホリ準備を格安費用のマルタで

日本と協定のある国で働きながら語学や文化に触れることができる、ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ。

残念ながら日本とマルタの間にはワーホリのための協定がありませんが、あなたの希望する国へのワーホリと費用を抑えてしっかり基礎英語力をつけるマルタ留学の組み合わせ、2か国留学が可能です。

ワーホリビザが取得できる国、オーストラリアやカナダ、イギリスでも当然、語学を学ぶために語学学校に通うことはできますが、マルタほど費用は安くありません。

ワーホリのため渡航した先の国で時間を無駄にせず、希望する仕事を見つけられるようにマルタの語学学校で基本スキルをしっかり身につけましょう。

オーストラリアやイギリス、カナダでのワーホリ前に安く英語を学ぶ

日本人がワーホリで行ける国はオーストラリアやイギリス、カナダ、ニュージーランドなどたくさんありますが、国によってルールがそれぞれ異なります。

英語力がないままワーホリビザを取得して渡航、各国現地の語学学校に通って英語を身に着けることもできますが、国によっては英語レッスンを受けられる期間が定められているところも。

語学学校に通い英語を身に着けるなら、留学費用が安く日本人の留学先としてもぴったりのマルタで英語力を身に着けませんか。

ワーホリ前にマルタで英語の勉強をしておけば、現地到着後のアルバイト・仕事探しでもあなたの希望する職種で見つかる可能性が高くなります。

ワーホリは基本的に1年間という限られた時間しかありません、英語レッスンに通う時間も現地での仕事の時間に充てることができればより充実したワーホリ留学になります。

マルタの多くの語学学校ではビジネス英語コースも提供しているので、仕事探しのための履歴書作成方法なども英語で身に着けられますよ。

治安は良いけど女性は言い寄ってくる海外の男性にくれぐれも注意!

日本人女性は注意してください

日本人がマルタに留学する場合、あなたがもし女性の場合には他国からの留学生の積極的なアプローチにご注意を。

マルタに限りませんが、海外留学中に日本人女性が世界中から集まる留学生や、現地の人にアプローチされることは珍しくありません。

あなたが魅力的な情勢であることももちろんその理由のひとつですがもうひとつ、日本人女性は押しに弱いと思われていることも理由として考えられます。

ハッキリとノーが言えないまま、あいまいに笑顔で居続けると相手の男性が勘違いをします。

海外には良くも悪くも相手の考え方を察するという文化はありません。

マルタ留学中にいろいろな出会いはあると思いますが、日本人でもはっきりNO!という気持ちを持つことを忘れないでくださいね。

マルタはヨーロッパでトップレベルに治安の良い国ですが、男女の友達関係がこじれてもめごとになることは自分自身で避ける必要があります。

マルタ留学は日本人におすすめの留学先です

マルタだけでなくその他の留学費用が安い国、フィリピン・アイルランドとも比べてみましたが日本人におすすめなのはやはりマルタ留学でした。

ワーホリで海外での仕事の経験を積んでみたいと思うあなたにも是非、マルタでの2か国・準備留学をおすすめします。

これから海外語学留学、それからワーホリでの海外渡航を検討していらっしゃる場合には是非一度、マルタ専門留学エージェントであるマルタ留学丸わかり!までご相談ください。

あなたの目的・希望に沿った語学学校・プログラムを経験豊かなカウンセラーがご提案、ご案内から学校手続き、サポートまで無料です。

マルタ留学に関するご相談

関連する記事

  1. 本気で英語を学ぶならBELS
  2. マルタ留学のエージェント選び
  3. マルタ中・長期留学ならESE
  4. 新型コロナと海外留学
  5. 語学学校ランキングの嘘
  6. ECマルタ校はここが違う!
PAGE TOP